HOME  新着情報 活動報告 ライオンズクラブとは


 

 

2022-2023 会長 L後藤 敏宏 

スローガン
Just Act! つよく やさしく しなやかに
〜自利と利他の精神が織りなす 心溢れる社会の創造〜

 はじめに

  今期、船橋翼ライオンズクラブは、結成20周年を迎えます。過去からの連続した繋がりがあるからこそ今があり、今この瞬間が未来へと繋がっていきます。これまで、歴史を紡いでこられた歴代会長をはじめとする諸先輩方、そしてメンバーの皆様に心より敬意と感謝の意を表します。 人間で例えるのなら20年は一昔前でいう成人に当たり、一つの節目であります。20周年を契機とし、我々は、バランスのとれた洗練された組織へと更に進化をして参ります。 今現在、創設当初では思いもよらなかった新たな問題や課題を抱えています。我々は、その問題や課題に正面から向き合い、積極果敢に行動することでそれらを解決する糸口を掴むことができます。この社会には時代の流れとともに変容するものが数多くあり、当然のことながら奉仕のかたちもその一つであります。他人を想い実施し続けていることでさえ、今、相手が本当にそれを求めているのか分からないことが現実としてあります。しかしながら、今も昔も変わらないことは、この社会には、支援を必要とする人々が大勢いるということであります。 「自利利他」と云う言葉があります。自分が幸せになることは他人を幸せにすることであり、他人を幸せにすることは自分の幸せになるというものであります。相手の幸せを思いやっておこす行動は、必ず自身に思いやりとなって返ってくる。また、自らの努力により得たものを他人にも還元し、他人のために行動することで自分も成長し、何かしらのものを得る。このことは、社会・組織の構成員同士が互いに助け合う相互扶助にも通ずるところがあります。我々メンバー一人ひとりが希望の灯となり支援の輪を拡げ、地域が求める最良の奉仕を選択し、力強く考動して参ります。

 むすびに

   2016年に入会をし、私自身これまで多くのことを学ばせていただきましたが、何よりも皆様との決して偶然ではなく必然であるこの出会いと今、この様に奉仕活動ができることに感謝いたしております。 地球上に人類が誕生して数百万年。長い時間をかけて現在まで進化を遂げて参りましたが、我々が生きる時間は、宇宙単位では一瞬であります。緩やかな変革かもしれませんが、私は愛する地域社会と次代を担う青少年のため、常に感謝の気持ちと挑戦し続ける気概、そして覚悟を持って鋭意努力して参ります。